葬儀の現状

近年では自らの余生や人生の最期について考える終活が話題となっています。こうした世の中の流れもあり、あらかじめ葬儀の準備を行うという方が増えています。自らの葬儀準備でなくても、自らが喪主になったときのことを考えてある程度の準備を行っておくことは有効です。 葬儀の準備として、まず行っておきたいのが情報収集です。方法としては、インターネットなどを有効活用するほか、事前相談サービスを利用するというのもおすすめです。事前相談サービスとは葬儀社が行うサービスの一つで、電話やメールあるいは直接対面形式で行っているところもあります。プラン内容の説明や会場の見学のほか、一般的な葬儀の準備や流れについても教えてもらうことができるため、少なくとも1社訪問すると準備のポイントも見えてきます。

情報収集と並行して、どのような葬儀にしたいのか考えておくことも重要です。日本では仏教によるお葬式が多いですが、その場合菩提寺との関係が非常に重要です。古くからお付き合いのある菩提寺がどこなのか知ることも大切ですし、菩提寺が遠方などの場合は別途近隣で住職を探すことになるかもしれません。 また、近年では家族葬の件数が増加傾向にありますが、家族葬のように限られた人でのみ葬儀を行うというのであれば、あらかじめ親戚一同の同意も必要です。特に、家族葬の場合は親戚にも参列をお断りすることになりますので、必ず理解してもらう必要があります。 菩提寺や葬儀スタイルなど、生前から他の人を巻き込むことに抵抗を感じる方も多いかもしれません。しかし、あらかじめ配慮しておくと、準備そのものがスムーズになりますし、何よりも故人を偲ぶ時間をゆっくりとることができるようになります。

Copyright© 2015 らくらくおとくな葬儀を考える|サービスの利用と変化All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com